異常が発生した時は(倉庫 フォークリフト 加工 製造 工場 神奈川 横浜 横須賀 川崎 東京 平塚  埼玉 求人)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

日々の業務お疲れ様です。

 

田崎です。

 

日々配送や現場で作業する時って

これどうすればいいのか?

又はこの作業を行っていいのか?

って迷う時ありませんか?

 

私も昔、倉庫でフォークリフトを乗っていた時に

急に荷主さん?なのかスーツの偉い方みたいな人が

突然現れて

 

偉い方?「上の貨物見たいからちょっとフォークリフトで上にあげて」

 

なんて言われたことがあって

やっていいのか迷うことがありました。

 

 

このような自身では判断が出来ない事を

作業指揮者以外の方から依頼された場合や

 

普段の作業状況と違う状況になった時は

自身の直近の作業指揮者に実施の判断を仰ぐようにして下さい。

 

 

なぜならその以上に対して一作業者個人では責任が取れないからですね。

 

企業の作業指揮者に報告して、企業の適切な指示の元作業することで

個人の責任ではなく企業の責任で作業することになりますから

結果的に安全面でもそれ以外でも

作業者自分自身を守る事に繋がりますからね。

 

これは、事故や災害にも言える事ですので

現場の先輩方は新入社員が入社してきた際には

安全の次に継承する事項となる報告、相談を

次世代に継承していってください。

 

ちなみに先程の私が昔フォークリフトで上げて欲しいと依頼された

あの後どうしたかと言いますと

 

幸いピックフォークが倉庫に置いてあったので

田崎「出来るじゃん!!」

と思い

ピックフォークに乗り換えて

安全帯を付けて私と偉い人?でピックフォークに固縛して

偉い人?を上に上げてあげたんです。

 

そしたら班長に

班長「田崎!ピックフォークを2人乗りするな!!」

とこっぴどく怒られました。

 

確かにそっちがあった、、、

 

 

 

やはり報告って大事ですよね。

 

では。