日別アーカイブ: 2020年11月26日

次女の件(倉庫 フォークリフト 加工 製造 工場 神奈川 横浜 横須賀 川崎 東京 平塚  埼玉 求人)

日々の業務お疲れ様です。

 

本日の体重68㎏

 

田崎です。

 

 

 

以前ブログでも報告しましたが、最近田崎家に

ニコラン(長女)ちゃんという観葉植物が田崎家に

養子縁組したことは記憶に新しいと思います

ニコランちゃんは田崎家に来てすぐに病気で現在

山崎ホスピタルに入院中です。

 

そして先日新たな娘ゴム子(次女)が新たに

来たことも報告したと思います。

 

 

 

 

 

 

そのゴム子についてのお話になります。

IMG_0505 (1)

 

見て下さい。この青々と緑に茂った可愛い我が娘。

 

 

 

 

 

 

私は5日に1回彼女にご飯(水)を食べさせています。

 

 

 

 

 

 

それがある日

 

 

 

 

 

先週の日曜日になりますか、今日もご飯をあげにゴム子に会いに行くと

 

 

 

 

 

 

???

 

 

 

 

 

IMG_0608

 

 

 

切断???

 

 

 

なんてこった!!

 

 

 

今度は次女が怪我をしている...

 

 

 

 

 

しかもこれは重症なのでは

 

 

IMG_0504

 

私、長女の入院があってから

次女には病気にならないように

 

常に環境を気にして定期的に水をやっていたのに

 

 

 

 

 

 

どうしてこんなことに

 

 

 

 

私はすぐにインターネットにて検索

 

 

 

 

 

 

「♯ゴムの木 葉落ちる」

 

 

 

 

 

結構HITしていました。

 

 

 

 

 

どうやら

ゴムの木は高温多湿で水はそこまで与えなくて良いみたいですね。

さらに日当たりのいい場所を好むらしいです。

ではこれから発生原因を追究していきましょう。

 

 

 

 

まず

①高温多湿(常に5℃以上の所に置いておく)

 

⇒田崎家は山を背負っている為、日当たり悪く、湿気も凄い!

夏蒸し暑く冬は寒い。多湿という点では問題ないし、現11月時点で5℃以下は

考えにくい

 

結果クリア。

 

 

 

 

 

 

②次に水は表面の土が乾いてから十分に水を上げる

 

 

⇒ん?表面が乾いてから?

表面湿っていたけど常に5日置きに水を十分に上げてる...。

 

 

 

これだ!!!

 

 

 

 

③日の当たる場所を好む

⇒これもだ!!!

 

 

 

 

結果。

水の上げ過ぎと日の全く当たらない田崎家に居ると

娘は生きていけない...。

 

 

 

 

 

 

 

断腸の思いで

私はある決断をしました。

 

 

 

 

養子縁組をして1ヶ月

ゴム子は田崎家の実家に養子に出された。

 

 

そして誰もいなくなった